- 腱鞘炎

腱鞘炎

親指にはいくつかの腱という「ひも」のようなものがついています。
このうちの2本が手首と親指側にあるトンネル(腱鞘)の中を一緒に通るのですが、通常は摩擦がなく滑らかに動くことができます。

しかし、その部分になんらかの炎症が起こっていると、腱鞘のすべりが悪くなり摩擦が生じます。
そのため、腱の表面が傷んだり、腱鞘が腫れると中が狭くなったりして刺激が一層強まり炎症が増悪するといった悪循環が生じます。
最初はそれほど気にならない痛みでも、放置して悪化すると日常生活でも痛みを感じるようになります。
ペットボトルのふたを開けたり、ペンを握ったりするのにも苦労してしまうのです。

妊娠時や産後、更年期など女性ホルモンが原因によって起こることも多く、指を多く使う仕事をしている方にも多く発生します。

当院では、手(特に親指)を使いすぎないように、サポーターやテーピングなどで固定し患部を休ませます。そして炎症と痛み、腫れを和らげるために湿布や塗り薬などを用いた治療を行います。

炎症が落ち着いてきたら筋肉をほぐす手技などを行い、再発防止のためのストレッチなどもアドバイスいたします。


お気軽にご相談ください! みやび整骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒350-1165
埼玉県川越市南台3-12-3 岩﨑ビル

駐車場

院の近くに専用駐車場をご用意しております。
受付時にお問い合わせください。

ご予約について

当院は予約優先制となっております。

休診日

不定休