- Blog記事一覧 -椎間板ヘルニアについての話

椎間板ヘルニアについての話

2017.08.04 | Category: カテゴリ01

こんにちは白石です。

 

今日は椎間板ヘルニアについての話です。

椎間板ヘルニアという言葉なら聞いたことあるとは思いますが、実際に椎間板はどこだかこの写真を見てわかりますか?

 

 

 

 

正解は・・・

 

ここです。

 

 

わかりましたか?

 

わかった方はなかなかの解剖マニアですね。

 

 

この椎間板ですが、模型でもわかる通り椎間板は半透明のゼリー状の物質です。

コラーゲンを含む繊維軟骨組織ですが、そのほとんどは水分で出来ています。

 

そのため弾力があり、伸び縮みすることができるのです。

 

伸び縮みと言っても、瞬間的な伸び縮みではなく、ゆっくりと時間をかけて圧縮・伸長することができます。

 

 

また椎間板は、ただ立っているだけでも、重力によって圧縮されてしまいます。

 

 

一日中立ち仕事をしていると、椎間板が圧縮され続けてしまうため、実際に伸長が1.1%縮むと言われています。

 

伸長170㎝の方だと約2㎝縮む計算になります。

 

 

 

では、この圧縮された状態

 

どうすれば元に戻るかというと・・・

 

 

 

 

それが睡眠なんです。

 

 

正確には、立っている姿勢ではなくなるという事なので、身体を横にするだけでも構いません。

 

身体を横にすると、椎間板への圧力が低下し、圧縮された椎間板が再び伸長してきます。

 

 

日中に圧縮された椎間板は2時間の安静56%回復し、8時間の安静で元に戻るといわれています。

 

 

ただ単に横になるという事も腰にとっては重要なことです。

 

 

 

追伸、伸長を高く見せたいときは、早朝に計測すると良いですよ。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

お気軽にご相談ください! みやび整骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒350-1165
埼玉県川越市南台3-12-3 岩﨑ビル

駐車場

院の近くに専用駐車場をご用意しております。
受付時にお問い合わせください。

ご予約について

当院は予約優先制となっております。

休診日

不定休