- Blog記事一覧 -交通事故治療の慰謝料についての説明

交通事故治療の慰謝料についての説明

2017.08.07 | Category: カテゴリ01

おはようございます。白石です。

今日は交通事故治療の慰謝料についての説明をします。

Q.そもそも慰謝料とはなんぞや?

A.事故によって被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われる賠償金の事。

Q.その額はおいくら万円?

A.治療日数×4200円となります。

治療日数とは

「治療期間」と「実治療日数」によって決定されます。

治療期間…治療開始日から治療終了日までの日数
 


例)3月1日~3月20まで治療をしたら治療期間は20日です。 

実治療日数…実際に治療を行った日数(通院した回数)

 例)3月1日から3月20日で5回通ったら5日。

   3月1日から3月20日で15回通ったら15日。当たり前ですが、これ大事ビックリマーク

Q.だから、実際いくらになんのよ?

A.「治療期間」 or 「実治療日数」×2

を比べて少ない方の数字に4,200円をかけた金額です!!

先ほどの例を上記の式に当てはめます。

治療期間が20日 実治療日数5日だと、、、

 20日 > 5日×2=10日



少ないのは実日数の5日の方なので、4200円×5×2=42000円

が慰謝料になります。

 もうひと~つ

治療期間が20日 実日数15日だと、、、

 20日 < 15日×2=30日

この場合は、治療期間の方が少なくなるので、4200円×20=84000円 

が慰謝料になります。 

Q.ところで治療費はいくら?

A.治療費のご負担はありません

 
※また、基本的に当院での鍼灸治療、自費治療(延長、矯正治療)は自己負担です
 
  保険会社さんとの交渉次第では無料になります。

 ↑これは保険会社さん、担当の人次第です。

 
Q.通院するにあたり交通費はでるの?
 
A.でますかに座
 
車のガソリン代1キロあたり15円。
バス、電車賃もでます。

タクシーは通院時の交通費明細書と領収書が必要になりますのでとっておいてください。

 

Q.休業補償とやらは?
A.原則として1日5,700円です。
 
また、日額5,700円を超える収入があることを証明できる場合は
19,000円を上限に下記計算式による実費が支払われます。
1.給与所得者
過去3カ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。
事故前3カ月の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数(会社の総務課が作成したもの、担当者名、代表社印)

2.パート・アルバイト・日雇い労働者
日給×事故前3カ月間の就労日数÷90日×認定休業日数(アルバイト先等の証明を要します。)

3.事業所得者
事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出します。

4.家事従事者
家事ができない場合は収入の減少があったものと見なし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。

 
Q.後遺症が残ってしまったら?
自賠責保険で最高4000万まで保障されています。
 
弁護士をたてるかどうかでも金額が異なるようです。

みやび整骨院では後遺症が残らない様に全力で施術します。

ですので、過去に後遺症となった方はほとんどいません病院

 

が、中にはケガの程度により後遺症が残ってしまう場合があります。
 
後遺症診断に関しましては医師と弁護士の領域になりますので、
 
今回は省略させていただきます。
 
 
 
今日は、実はあまり知られていないお金のお話でした音譜
 
世の中当たり屋さんが出てくるのも納得?ですね爆弾
 
最近は保険屋さんも厳しいので、少しでも怪しいと
 

探偵を入れる事も多いのだそうです。。。
 
 
くれぐれも事故にはご注意ください!!
 

 


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

お気軽にご相談ください! みやび整骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒350-1165
埼玉県川越市南台3-12-3 岩﨑ビル

駐車場

院の近くに専用駐車場をご用意しております。
受付時にお問い合わせください。

ご予約について

当院は予約優先制となっております。

休診日

不定休